粉ミルクの作り方 粉ミルクの作り方

はいはい

和光堂レーベンスミルク はいはい®の作り方

  • ミルクを作る前には必ず手を洗い、清潔な場所で調乳しましょう。
  • 必ず缶に入っている添付スプーンをお使いください。使用後はスプーンをよく洗って乾燥させ、缶の中には入れず清潔に保管してください。
  • 熱いお湯を使いますので、やけどにご注意ください。また、赤ちゃんのそばでの調乳は行わないでください。
  • 添付スプーンすりきり一杯(約2.6g)をできあがり量20mlの割合に溶かします。
準備するもの:
はいはい、哺乳ビン、調乳ポットなどお湯を沸かすもの、タオル

調乳方法
添付スプーンすりきり一杯(約2.6g)をできあがり量20mlの割合に溶かします。
1
消毒した哺乳ビンに必要量のはいはいを添付スプーンですりきって入れます。
2
一度煮沸した70℃以上のお湯をやけどに注意しながらできあがり量の2/3ほどまで注ぎます。
3
乳首、フードをしっかりつけ、哺乳ビンを振ってミルクをよく溶かします。哺乳ビンが熱いので、清潔なタオルを巻くなどして持ちます。滑らないよう注意してください。
4
フードをつけたまま乳首をはずし、できあがり量まで70℃以上のお湯または衛生的な湯冷ましを加えます。目盛は泡の下で合わせます。
5
乳首、フードをしっかりとつけ、やけどに注意しながらさらに軽く振ります。
6
ミルクが混ざったら、すぐに哺乳ビンを流水や氷水にさらすなどして体温ぐらいまで冷やします。
7
腕の内側にミルクを少し垂らすなどして、体温ぐらいになっていることを必ず確かめてから赤ちゃんにあげましょう。
標準使用量表
添付スプーンすりきり1杯(約2.6g)はできあがり量20mlです。
生後月齢(か月)平均体重(kg)1回の調乳量1日の授乳回数(回)
はいはい(スプーン/杯) できあがり量(ml)
〜1/2 3.0 4 80 7
1/2〜1 3.7 5 100 7
1〜2 4.6 7 140 6
2〜35.6 8 160 6
3〜4 6.4 10 200 5
4〜5 7.0 10〜11 200〜220 5
5〜6 7.4 10〜11 *10〜11 200〜220 *200〜220 4+*1
6〜9 7.7〜8.2 10〜11 *7〜8 200〜220 *140〜160 3+*2
9〜12 8.4〜8.8 10〜11 *5〜6 200〜220 *100〜120 2+*3

zoom

  • ・*印は離乳食後にあげるミルクの調乳量とその回数です。
  • ・上の表は平均値です。赤ちゃんの発育状態や個人差により哺乳量を加減してください。
摂取、調理または保存方法の注意
ミルクを作る前には必ず手を洗い、清潔な場所で調乳しましょう。

ミルクの飲ませ方

  • ・標準的なミルクの使用量はフタの表をご覧ください。赤ちゃんの発育に合わせて、ミルクの量や回数を加減してください。
  • ・一度煮沸し少し冷ました70℃以上のお湯での調乳ですので、調乳後はミルクを速やかに冷まし、赤ちゃんのやけどを防ぐため、必ず体温ぐらいになっていることを確認して飲ませてあげてください。
  • ・1回分ずつ調乳して飲ませてあげてください。作りおきや飲み残しは飲ませないでください。
  • ・赤ちゃんの体質や健康状態に応じて、医師、管理栄養士等の専門家にご相談ください。

使用上の注意

  • ・粉ミルクに水滴が入ると固結することがありますので、ぬれたスプーンは使用しないでください。
  • ・沸騰直後のお湯での調乳は危険ですので避けてください。
  • ・哺乳ビンの外側が冷めていてもミルクが十分に冷めていない場合があります。
  • ・衛生管理が行き届いた場所で調乳、授乳を行う場合でも、調乳後2時間を超えてしまったミルクは必ず捨ててください。
  • ・開缶後は、湿気や虫、ホコリや髪の毛などが入らないようにきちんとフタをして、乾燥した涼しい清潔な場所に保管し、冷蔵庫での保管は避けてください。
  • ・開缶後はなるべく早く(30日以内に)お使いください。
  • ・電子レンジでのミルクの加熱は避けてください。

ぐんぐん

和光堂フォローアップミルク ぐんぐん®の作り方

  • ミルクを作る前には必ず手を洗い、清潔な場所で調乳しましょう。
  • 必ず缶に入っている添付スプーンをお使いください。使用後はスプーンをよく洗って乾燥させ、缶の中には入れず清潔に保管してください。
  • 添付スプーンすりきり一杯(約7g)はできあがり量50mlです。
準備するもの:
ぐんぐん、コップ(または哺乳ビン)、調乳ポットなどお湯を沸かすもの、スプーン
ミルクの溶かし方
200mlの作り方 添付スプーンすりきり1杯(約7g)はできあがり量50mlです。
11
50℃くらいに冷ましたお湯または水100mlほどをコップまたは哺乳ビンにとります。
22
添付スプーンすりきり4杯(約28g)を入れ、よくかき混ぜて溶かします。
33
できあがり量200mlまでお湯または水を加え、よくかき混ぜて、適温であげてください。
1日の使用目安量
添付スプーンすりきり1杯(約7g)はできあがり量50mlです。
生後月齢平均体重(kg)1日の回数(回)1回の調乳量1日の目安量(ml)
ぐんぐん(スプーン/杯) できあがり量(ml)
9〜12か月 8.4〜8.8 5 ミルクのみ 2 4 200 550〜700
離乳食のあと 3 1〜2 50〜100
12〜18か月 9.0〜9.9 2 4 200 400
18か月〜3歳 10.0〜12.7 2 4 200 400

zoom

  • ・上の表は標準量です。お子さまの発育に合わせて量や回数を加減してください。
摂取、調理または保存方法の注意
ミルクを作る前には必ず手を洗い、清潔な場所で調乳しましょう。

ミルクの飲ませ方

  • ・ 標準的なミルクの使用量はフタの表をご覧ください。お子さまの発育に合わせて、ミルクの量や回数を加減してください。
  • ・ 1回分ずつ調乳して飲ませてあげてください。作りおきや飲み残しは飲ませないでください。

使用上の注意

  • ・粉ミルクに水滴が入ると固結することがありますので、ぬれたスプーンは使用しないでください。
  • ・開缶後は、湿気や虫、ホコリや髪の毛などが入らないようにきちんとフタをして、乾燥した涼しい清潔な場所に保管し、冷蔵庫での保管は避けてください。
  • ・開缶後はなるべく早く(30日以内に)お使いください。
  • ・電子レンジでのミルクの加熱は避けてください。

ページトップへ