会社情報
和光堂の歴史

国産初のベビーパウダー“シッカロール”

身近な粉で「あせも」の治療

小児必用養育草
小児必用養育草 小児必用養育草
(小児必用養育草:加藤翠先生蔵)

 あせもは、ほとんどの赤ちゃんに一般的に見られる症状で
◆なく声の大いなるかな汗疹(あせも)の児  高浜虚子
と俳句にも歌われています。

 このあせも対策として、米、小麦、蕎麦など身近にある粉をふりかけ、ためしてみようという多くの試みが江戸時代に行われていたようです。

 江戸時代の女性の心得を記した往来物(現在の教科書に相当)である『女用訓蒙図彙』(1687年)には、あせものくすりとして「はまぐりがいをやきて、うどんの粉と粉まぜて布につつみて、ふるいかけてよし」というような記述があります。
 また、江戸時代の代表的な育児書である『小児必用養育草』(1703年)には、「…牡蠣粉、或いは葛の粉又は天瓜粉(天花粉)をすり塗りたるがよし、かくのごとくすれば夏はあせぼを生ぜず、いずれも皆粉を随分細かにしてぬるべし…」と記載されています。

 このように、江戸時代には、生活の知恵として乳児の入浴後には米粉、牡蠣粉、葛粉、天瓜粉(天花粉)、ひき茶などの粉を使うことが広く行なわれていました。さらに、『小児必用養育草』では、米粉は虫がつくのでよくない、牡蠣粉や葛粉、天瓜粉(天花粉)などがよい。あごの下、股の付け根、脇の下がただれている場合には、入浴後、天瓜粉(天花粉)などをすり塗るとよいなど、かなり詳しく解説がなされています。

 明治時代になってもあせもの治療には、葛粉、ひき茶、小麦粉、蕎麦粉などの粉が使われていたことは、『育嬰草』(1877年)などの育児書等からもうかがえます。明治中期になって初めてシッカロールの有効成分である亜鉛華(酸化亜鉛)の記述が出てくるようになり、明治後期には、亜鉛華澱粉が幅広く使われていたようです。
● 創業ものがたり 目次 ● 次へ

ページの先頭へ