商品ガイド

衛生用品

赤ちゃんを食中毒から守ろう

家庭でできる食中毒予防

食中毒は1年を通じて発生していますが、中でも気温が高く湿気の多い梅雨から夏の季節には細菌を原因とする食中毒が起こりやすくなります。特に大人に比べて抵抗力の弱い赤ちゃんは、食中毒になりやすく症状も重くなりがちなので注意が必要。
赤ちゃんを食中毒から守るために、≪食中毒予防の三原則≫をおさえましょう。

(1) つけない 清潔

まずは細菌をつけないことが大切。食品に細菌をつけなければ食中毒は起こりません。

手洗い

清潔の第一歩は「手洗い」です。食中毒の原因となる菌は、もともと自然界に広く分布しているものも多く、目には見えませんが実は手には雑菌もたくさんなのです。特に赤ちゃんのお世話をするママの手は清潔が第一です。外から帰ったら先ず手洗い。おむつ交換やペットの世話の後、食事の準備・食事の前も、先ずは正しい手洗いを心がけましょう。

調理器具や身の回りの清潔

食品を冷蔵庫・冷凍庫から出したら、長時間室温に放置せず手際よく調理しましょう。
離乳食はその都度作るのが基本ですが、毎日のこととなると冷凍保存も便利です。衛生上の注意をよく理解して、フリージングは上手に利用しましょう。
室温解凍は細菌が増殖することがあります。必要な分だけを取り出し、冷蔵庫の中で解凍するか電子レンジを使いましょう。残ったからといって再冷凍・再解凍を繰り返すのは危険です。
そして、作った料理はできるだけ早く食べ、残ったらすみやかに冷蔵庫へ。ただし食べ残した離乳食は、思い切って廃棄するようにしましょう。

(2) 増やさない 迅速または冷却

どんなに細菌を食品につけないように努力しても、無菌状態を維持することは困難です。次に重要なのは細菌を増やさないこと。食品は、すばやく(迅速)、冷やす(冷却)ことが大切です。

食品の保存

生鮮食品など温度管理の必要なものは、なるべく新鮮なものを買い物の最後に購入し、すぐに家に帰って冷蔵・冷凍庫へ入れましょう。
冷蔵庫は10度、冷凍庫は−15度が目安ですが、詰めすぎると冷えにくくなるので注意しましょう。しかし、冷蔵・冷凍でも細菌は死ぬわけではありません。
冷蔵庫・冷凍庫は過信せず、食材は早めに使い切るようにしましょう。

調理と食事

食品を冷蔵庫・冷凍庫から出したら、長時間室温に放置せず手際よく調理しましょう。 離乳食はその都度作るのが基本ですが、毎日のこととなると冷凍保存も便利です。衛生上の注意をよく理解して、フリージングは上手に利用しましょう。 室温解凍は細菌が増殖することがあります。必要な分だけを取り出し、冷蔵庫の中で解凍するか電子レンジを使いましょう。残ったからといって再冷凍・再解凍を繰り返すのは危険です。 そして、作った料理はできるだけ早く食べ、残ったらすみやかに冷蔵庫へ。ただし食べ残した離乳食は、思い切って廃棄するようにしましょう。

赤ちゃんが飲むミルクは栄養もたっぷり、細菌も大好物です。表示された調乳方法をきちんと守って1回に飲む分だけを調乳し、すみやかに授乳すること。作りおきはやめましょう。

(3) やっつける 加熱と殺菌

冷蔵・冷凍では細菌の増殖を防ぐことはできても、細菌が死んだわけではありません。調理の際は十分に加熱し、調理器具を殺菌するなど、細菌をやっつけましょう。

加熱調理

ほとんどの細菌は熱に弱いので、調理では食品の内部まで十分に加熱することが食中毒予防には大変効果的です。ですから特に赤ちゃんには、生野菜や生魚などの生ものを与えるのは禁物。解凍した食品も再度よく加熱してあげましょう。

調理器具や身の回りの除菌・殺菌

まな板などの調理器具や、赤ちゃんの使う哺乳瓶は、熱湯をかけたり煮沸をして、細菌をやっつけましょう。 さらに手指の消毒には「アルコール配合除菌ウエッティー」、ドアノブやテーブルなど身の回りの除菌には「除菌用アルコールティシュ」がおすすめです。


ページの先頭へ