日本で最初の乳幼児用イオン飲料アクアライト

アクアライトとは

小児科の先生とつくった、日本で最初の乳児用イオン飲料です。
赤ちゃんの体内にすばやく吸収されるように水分やイオン(電解質)を設計しています。

アクアライトは1986年に誕生!30年以上使われています。
赤ちゃんのイオン(電解質)補給に適している 赤ちゃんは脱水しやすい!

赤ちゃんは大人より体重あたり水分の比率が高く、体から出ていく水分の比率が、大人の約2倍。赤ちゃんは脱水状態になりやすいので、適切な水分補給が必要です。

水分補給「水」だけでは足りない?

汗をかくと、水分だけでなくイオン(Na+、K+、Cl-)なども同時に失われます。アクアライトは、赤ちゃんの汗などで出ていってしまう水分とイオンの補給に適しており、体液のイオンバランスを保つことができます。
また、実は水分・イオン(電解質)の吸収には糖が必要です。

アクアライト特長
水分の吸収が良い浸透圧 赤ちゃんの体液よりやや低め!

市販のイオン飲料の多くは、体液の浸透圧と同程度のものがほとんど。 でも実は体液より低い浸透圧の方が吸収されやすいので、アクアライトの浸透圧は低く設計しています!

赤ちゃんが飲みやすい

赤ちゃんが嫌がらずおいしく飲めるように、りんご風味・白ぶどう風味にして飲みやすくしています。

こんなときにあげましょう

CASE1 たくさん汗をかいたとき
CASE2 お風呂あがりや散歩の後
CASE3 夏場などの暑いとき
CASE4 暖房などで空気が乾燥しているとき
CASE5 熱中症対策に ※全国清涼飲料工業会「熱中症対策」表示ガイドライン(食塩相当量として飲料100mlあたり0.1〜0.2g含有する清涼飲料水。)
  • ミルクや食事の前にはあまりあげすぎないようにしましょう。水分でおなかがいっぱいになり、食欲がなくなってしまうこともあります。
  • アクアライトは栄養補給の飲料ではありません。

商品ラインアップ

容量や使い方にあわせて4タイプ

粉末保存や持ち運びに便利![飲みたいぶんだけ]
紙パック ひとり飲みの練習に![元気っち!]
リキャプできる大容量![ベビーのじかん]
お子さまが自分で飲みやすい[ジュレ アクアライト]

0か月から

3か月頃から

1歳からずっと

ウイルス性の感染性胃腸炎による発熱、下痢、嘔吐のときの失われた水分・電解質補給に

本品は体液よりも低い浸透圧に調整し、電解質・糖質を配合した乳幼児用の経口補水液です。ウイルス性の感染性胃腸炎による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態における水分・電解質の補給に適しています。

摂取上の注意

  • 下記の1日当たりの目安量を参考に、脱水状態に合わせて適宜増減してお与えください。
乳児
100〜400mL/日

幼児
200〜800mL/日
  • 嘔吐がある場合、スプーンやスポイトなどで少しずつ繰り返しお与え下さい。嘔吐がなくなったら、1回当たり50〜100mLを目安に自由にお与えください。
  • 医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合にお与えください。
  • 医師、管理栄養士等の専門家の指示に従ってお与えください。
  • 本品は食事療法の素材として適していますが、多量摂取により疾病が治癒するものではありません。

赤ちゃんの水分補給

「いつから?どんなときに必要?」
「何を飲ませたらいいの?」
赤ちゃんの水分補給のポイントをご紹介!

離乳食進め方の目安
離乳食レシピ

TOP