和光堂トップ わこちゃんカフェ 赤ちゃん通信  赤ちゃん通信 No.26
赤ちゃん通信

No.26 「授乳・離乳の支援ガイド」解説〜離乳編

 平成19年3月、厚生労働省から「授乳・離乳の支援ガイド」が発表されました。平成7年、当時の厚生省から発表された「改定離乳の基本」から12年を経過し、現在の離乳に関する現状や母子を取り巻く社会環境に応じた新たなガイドラインが示されました。
 今回の「赤ちゃん通信」では、主に離乳の支援について、策定のねらいや支援のポイント、 これからの離乳指導で注意すべき点などについて、「授乳・離乳の支援ガイド策定に関する研 究会」委員である、日本子ども家庭総合研究所母子保健研究部栄養担当部長の堤ちはる先生に お話を伺いました。

はじめに
 これまでの離乳指導は、平成7年に当時の厚生省から発表された「改定離乳の基本」を目安に行 われているところが多かったです。しかし、発表 から10年以上が経過し、母子を取り巻く社会の環境や食生活は大きく変化しています。例えば、少子化、核家族化により、育児不安を訴える親が増 加したり、コンビニエンスストアの増加などによ り自分で調理しなくても24時間食べ物が入手しや すくなったりしました。また、幼い子どもを連れて頻繁に外出する機会をもつ親も、以前に比べて 増えているようです。このように、離乳期の子どもへの意識、養育者の健康や食生活に対する考え方、調理の知識や技術、ライフスタイルなども以前とはかなり変わってきています。そこで、この現状に対応すべく厚生労働省から「授乳・離乳の 支援ガイド」が平成19年3月に公表されました。
  なお、今回の新しいガイドが以前の「改定離乳の基本」と大きく異なる点の一つとして、授乳の支援が入っていることがあげられます。これは、授乳と離乳はある時期には並行しているために、両者の関係に配慮が必要なこと、また、厚生労働省はじめ、さまざまな機関や組織が母乳育児を推進しているにもかかわらず、ここ10数年、母乳育児の増加がみられないことなどから、授乳についても支援の必要があるとされました。
「授乳・離乳の支援ガイド」策定のねらい
 新しい支援ガイドの策定のねらいとして、以下の4点があげられています。
(1)
授乳・離乳を通して、母子の健康確保とともに、 親子のかかわりが健やかに形成されることが重 要視される支援であること。
(2)
乳汁や離乳食といった「もの」にのみ目が向け られるのではなく、一人ひとりの子どもの発達が尊重される支援を基本とすること。
(3)
妊産婦や赤ちゃんにかかわる保健医療従事者に おいて、望ましい支援のあり方に関する基本的事項の共有化が図られること。
(4)
授乳や離乳への支援が、健やかな親子関係の形 成や子どもの健やかな成長・発達への支援としてより多くの場で展開されること。
 すべての項目に「支援」という言葉が使われ、「授乳・離乳の支援ガイド」を単なるマニュアルとしてとらえるのではなく、親子を周囲の力で支え ていく“育児支援”の考え方がはっきりと表れています。(2)にある「もの」とは食べ物の量や種類のことです。「○○を、○g食べさせなければ」などの食品や数字にばかりとらわれずに、たくさん食べる子、あまり食べない子など個人差を尊重していくことです。大切なのは目の前にいる子どもが順調に発達していくことなのではないでしょう か。
 子どもの成長や発達状況、日々の子どもたちの様子を見ながら離乳食を進め、決して強制しないよう配慮しましょう。食事のリズムを整えること から、生活リズムを身につけ、食べる楽しさを体験していけるように、一人ひとりの子どもの「食べる力」を育むための支援が推進されることがねらいなのです。
「改定離乳の基本」からの主な変更点
1.離乳の開始、および完了時期の見直し
 離乳食の開始時期は、10年前と比較すると、「4か月」と回答している人が25.0%から10.9%に減少する一方で、「6 か月」が18.4%から28.6% に増加しています。平成17 年では「5 か月」で開始している人が47.6%とおよそ半数近くにのぼります。さらに、6 か月で離乳食を開始した人の割合を見ると、年々増加していることもわかります(表1)。また、完了時期については、10 年前に比べて「12か月」が減少し、「13 〜 15か月」、「16〜18か月」が増加するなど、少しずつ遅くなっていく傾向が見られました(表2)
  このような現状をふまえて、離乳の開始時期を「生後5、6 か月」と5 か月と6 か月を併記するかたちにしました。さらに、完了時期に関してはそれまで「通常生後13 か月を中心とした12 〜 15か月頃である。遅くとも18 か月頃まで」とされていたものを、「生後12 か月から18 か月頃」と緩やかな表現となりました。
表1 離乳食の開始時期
表1 離乳食の開始時期
表2 離乳食の完了時期
表2 離乳食の完了時期
2.食事の目安量の表記
 離乳期に与えたことのある食品についての調査(表3)により5、6 か月頃から、米については74.8%と高い割合で、また、じゃがいもやにんじ んなども50%近くが使用している状況が明らかになりました。しかし、調理法に気をつければ離乳の開始頃から与えてもよいとされている「卵黄」は、生後5、6 か月では9.7%と使用頻度は低く、7、8 か月になっても37.5%の使用でした。そこで離乳食の進め方の目安の表(表4)では、使用頻度の低い卵を群の下のほうに移動しました。
  また、離乳初期、中期、後期、完了期という分 類をなくし、それぞれの境界をはっきりと示さないような工夫もなされています。これは、それぞれの境をしっかり線引きしてしまうと、離乳食の 量もそれにあわせたものにしなければいけないと、不安になってしまうことを避けるためです。
  量の範囲に関しては、以前は「○→○(g)」と→で表していたものを、「○〜○(g)」としました。 これは、→では月齢が進むにつれて矢印の左から右に量が増えることが前提のように思いがちです。そこで、「○〜○(g)」と表すことで月齢が進んで も、その範囲内であればかまわないという安心感を与えるようにしました。
  そして、表の数値の下には「上記の量は、あくまでも目安であり、子どもの食欲や成長・発達の 状況に応じて、食事の量を調整する」という文章が加えられています。
表3  離乳期に与えたことのある食品
表3  離乳期に与えたことのある食品
表4  離乳食の進め方の目安
表4  離乳食の進め方の目安
3.離乳開始前に果汁を与える必要性
 一部では、離乳の準備として生後2 か月頃からは薄めた果汁を、3か月頃からは野菜スープを与えることが推奨されています。その目的として、 離乳開始前に母乳やミルク以外の味を体験させること、スプーンに慣れさせることなどがあげられています。しかし、離乳の準備としてほんとうに 薄めた果汁や野菜スープが必要でしょうか?
  「授乳・離乳の支援ガイド」によれば、『果汁の摂取によって母乳やミルクの摂取量が減少するこ と、たんぱく質、脂質、ビタミン類や鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラル類の摂取量低下が危惧されること、また乳児期以降における果汁の過剰摂取傾向と低栄養や発育障害との関連が報告されており、栄養学的な意義は認められていない。また、咀しゃく機能の発達の観点からも、通常5 〜7 か月頃にかけて哺乳反射が減弱・消失していく過程でスプーンが口に入ることも受け入れられていくので、スプーン等の使用は離乳の開始以降でよい』とされています。
  母乳は、母親が食べたものによってその味が毎回変わります。一回の授乳でも、最初はたんぱく 質が少なく、乳糖の多いやさしい甘みですが、中ほどはたんぱく質が増えてしっかりした味になります。そして、終わりに近づくにつれて脂肪が増えて濃厚な味へと変化します。つまり、母乳そのものがいろいろな味を体験できる離乳の準備になるのです。
 また、離乳食では基本的に1 種類ずつの食品を薄味から開始していくので、離乳食を進めていく 過程そのものがいろいろな味の体験になります。初めてのものを食べること自体が練習なのですから、練習のための練習は必要ありません。そのため、ミルクの赤ちゃんにとっても薄めた果汁や野菜スープを離乳の準備として与える必要はないといえるでしょう。
  固形物が口の中に入るとそれを拒絶する、「提舌反射」が消失するのは生後4、5 か月頃といわれま す。それ以前は、口に入ってきたものが食べものであってもスプーンであっても、反射的に口の外 へ押し出してしまうのです。この場合、スプーンの存在を拒絶して果汁や野菜スープを飲まないの であっても、味を嫌って飲まないと思い違いをしてしまうこともあります。また、赤ちゃんが嫌が るのに、離乳の準備として果汁やスープを与えている母親も多くいます。無理に与えることで、親 子ともにストレスになってしまうのなら与える必要はないでしょう。
 薄めた果汁や野菜スープをあえて与える必要は ないものの、与えてはいけないというものではあ りません。赤ちゃんが母乳やミルク以外のものを飲む姿は、成長を感じる喜びのひとときと感じる 親がいるとするならば、その喜びは残しておきたいと思います。ただし、その場合は飲ませすぎないように必ずスプーンで与えること、果汁は薄めてあげることを忘れないようにしましょう。
 また、便秘や便秘気味の赤ちゃんに対しては、果汁は効果があります。これは、果汁の浸透圧が母乳よりも高く、浸透圧性下痢をおこす可能性が あるからです。そこで、便秘や便秘気味の赤ちゃんには、薄めた果汁や、便秘の程度によっては薄めずにそのまま果汁を与えることがあります。し かし、便秘を予防するために日常的に果汁を与えることは控えましょう。
離乳指導で注意すべき点は?
1.良好な食事環境づくりの重要性
  赤ちゃんも大人と同様に、その時の気分や体調、気温などによって食べたいもの、食べたくないも のがあったり、食欲に波があったりします。それを知っておけば、食事を与えるときに保護者や保育者が強制的な言葉かけをしたり、威圧的な態度をとることが防げます。もしも、「せっかく作ったのに、どうして食べないの」などと怒りながら食事を与えると、食事の時間は「恐ろしい時間」「嫌な時間」として記憶に残ってしまうことになります。これでは後述する「食育」の基礎を離乳期に培うこともできないでしょう。
2.低出生体重児への離乳指導
  低出生体重児への離乳指導は、先の見通しを話 した上で安心させて進めていくことが求められます。1,500g以上で生まれた場合には、修正月齢相当で進めていけば成熟児とほとんど差がないことが多いものです。通常修正月齢5 〜 8か月頃は、成熟児よりも1〜2か月以上遅くなる場合も多いのですが、修正月齢の1 歳近くになると、差がだんだん少なくなっていきます。これらの事実を認識した上で、修正月齢にそって離乳を進めていくことが適当であると考えられます。家族の不安な気持ちは体重にかかわらず見受けられるものです から、離乳指導ではこの気持ちを理解することが大切です。
  なお、神経学的後遺症、消化器異常などを合併している場合には、個々の状況に応じた離乳が必要なので、主治医とよく相談しながら進めていくことが必要です。
3.生後7、8か月以降における鉄の摂取
  生後7、8 か月頃から体内の貯蔵鉄は減少しはじめ、生後9か月頃には鉄欠乏が生じる可能性もあります。これは、生後9か月頃からは離乳食も1 日3回となり離乳食の量が増え、それに伴い乳汁の量は減少します。しかし、この時期はまだ鉄の多い離乳食をそれほどたくさん食べることができません。乳汁には鉄は含まれていますが、乳汁が減少するとそこに含まれている鉄も減少します。そのため、赤ちゃんの体内では鉄が不足しやすい状態になります。
 近年、赤ちゃんの鉄欠乏はそれが貧血にならない程度のものでも、神経伝達物質の生成が阻害されて、脳細胞の機能低下がもたらされ、鉄欠乏が3か月以上続くと、精神運動発達遅滞にいたる可能性があることが明らかになりました。
 そこで、特にこの時期は、鉄が不足しないよう気をつけなければなりません。赤身の肉や魚のほか、レバーや育児用ミルクなどの利用をすすめています。調理が難しかったり、手間がかかったりするレバーはベビーフードを使うと便利です。また、牛乳を離乳食作りに使う代わりに、育児用ミルクを使用するなど工夫しましょう。なお、フォローアップミルクは、母乳または育児用ミルクの代替品ではありませんが、離乳食が順調に進まず、鉄の不足のリスクが高い場合など、必要に応じて使用するのであれば9か月以降とします。
4.離乳食期を家族の食生活改善の好機に
   「家族の食事から取り分けたものを離乳食にする」 といっても、現在は家庭の食生活が乱れて、食事 らしい食事を摂取していない母親も多いものです。 また、塩分や脂肪分などが多く含まれる市販の惣 菜などの利用頻度の高い家庭もあります。そこで、 離乳食に関する栄養相談・指導では、家庭の食生 活全般にかかわらなければいけないこともあります。子どもの離乳期を、家族の食生活改善の好機 ととらえ、少しの努力でできることから指導をは じめ、より適切な食生活を目指していくことが必 要です。
離乳にまつわるQ&A
Q.食物アレルギーを予防するためには、乳製品 や卵などアレルギー反応をおこしやすい食品は避けたほうがいいのでしょうか?
A.家族にアレルギー疾患の既往歴がある、また はすでに発症している子どもの場合には、医師に 相談して「○○の摂取をやめる」除去食などの予 防的介入や治療を行います。しかし、アレルギー 疾患の予防や治療を目的として医師の指示を受け ずにアレルゲン除去を行うことは、子どもの成 長・発達を損なうおそれがあるので、必ず医師の 指示を受けなければいけません。
アレルギーの家族歴がなく、本人もアレルギー の既往がない場合には、特定の食品を食べさせな いでいると、その食品に対して逆にアレルギー反 応をおこすというデータもあります。過度な予防 は逆効果になります。特に思いつく問題がないよ うなら、いろいろな食品をバランスよく食べさせ るようにしましょう。
Q.生活習慣病に関する記述が加えられたそうですが、どのような内容ですか?
A.「この時期はあまり肥満の心配はいらない」と されていましたが、今回の改定により「生活習慣 病予防の観点から、この時期に健康的な食習慣の 基礎を培うことも重要である」という“肥満など の予防”の観点が入ることになりました。胎児期 や乳幼児期の栄養が、成人になってからの肥満や 2型糖尿病、高血圧や循環器疾患などと関連があることが数多く報告されているためです。また、 乳幼児期に培われた味覚や食事の嗜好はその後の 食生活にも影響を与えます。このようなことから、 体重について通常は過度の心配をすることはあり ませんが、成長曲線から大きくはずれるような急 速な体重増加については医師に相談するなど、そ の後の変化を観察していく必要があります。
Q.手づかみで離乳食を食べることが、発達にと ってなぜ重要なのですか?
A.子どもの離乳食で困っていることでは、「遊び 食い」が45.4%でもっとも多いという結果になりました(表5)。しかしこの中には、発達にとって 重要な「手づかみ食べ」も含まれていることが予 想されます。離乳完了期頃は、目、手、口の協調 が完成される時期です。この頃に十分に手を使っ て食べることにより、その後のスプーンなどの食 具の使い方へとつながります。また、「手づかみ食 べ」は、食べものの固さや温度などの感触を確か めながらの、「自分で食べたい」という気持ちの表 れでもありますので、その意欲を大切にして、環 境を整えて「手づかみ食べ」を十分にさせましょ う。
表5 子どもの食事で困っていること
表5 子どもの食事で困っていること
Q.ベビーフードを利用するときは、どのような ことに気をつけたらよいのですか?
A.ベビーフードの使用状況は、10年前に比べて 「よく使用した」と答えた人が13.8%から28.0%に増加しています。また、「よく使用した」「時々使用した」をあわせると、昭和60 年には48.2%でしたが、平成7 年には66.0%、平成17年には76.7%に増加しています(表6)
子どもの月齢や固さがあったものを選び、与え る前にはひと口食べて味や固さ、温度を確かめます。また、主菜やおかずとして与えられるもの、調理しにくい素材を下ごしらえしたもの、調理用のだしやソースなど、用途にあわせて豊富な種類が販売されているので使い分けてもいいでしょう。 ごはんやめん類などの「主食」、野菜を使った「副菜」、たんぱく質性食品の入った「主菜」がそろう食事内容に気をつけるといいでしょう。食べ残しや作りおきは与えないようにして、開封後の保存方法にも十分注意してください。
表6 ベビーフードの使用状況
表6 ベビーフードの使用状況
おわりに
 離乳期は親子のコミュニケーションを深める好 機です。専門家による適切な離乳支援により、母 親や育児担当者には余裕や自信が生み出されます。 そうしてゆったりとした気持ちで離乳に取り組む ことで、「食事は楽しい!」という感覚を赤ちゃん が味わうことができるようになります。
円満な人間関係のなかで、適切な離乳食が与え られる豊かな食体験をとおして、食べる楽しみを 感じさせることはこの時期の「食育」の一つだと いえます。やがてそれは、子どもたちの食べる楽 しみや意欲、生きる力を育むことへと発展してい くことでしょう。
●お話を伺った先生
堤ちはる先生(つつみちはる)
堤ちはる先生(つつみ ちはる)
【略歴】
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会日本子ども家庭総合研究所母子保健研究部栄養担当部長。
日本社会事業大学兼任講師。
日本女子大学家政学部卒業、同大学大学院修士課程修了、東京大学大学院医学系研究科保健 学専門課程修士課程・博士課程修了、保健学博士、管理栄養士。東京都老人総合研究所客員 研究員、アメリカ・コロンビア大学医学部留学、青葉学園短期大学助教授を経て現職。
第50 回日本小児保健学会優秀論文受賞(2004 年)。厚生労働省「乳幼児栄養調査企画・ 評価研究会」、「食を通じた妊産婦の健康支援方策研究会」、「授乳・離乳の支援ガイド策定に 関する研究会」委員。

ページの先頭へ