商品紹介

「はいはい」開発チームからみなさまへ「はいはい」開発チームからみなさまへ

赤ちゃんにとってはお母さんの母乳が最良です。
しかし、何らかの理由により母乳が足りなかったり
あげられない場合もあります。
そんなときに母乳の代わりができる唯一の食品が
育児用ミルクです。
ですから育児用ミルクの責任は重大です。
もし母乳をあげられない場合は、
育児用ミルクだけで赤ちゃんの健やかな成長を支えなければなりません。
母乳と同じように、赤ちゃんにとって完全栄養食でなくてはなりません。

『和光堂レーベンスミルクはいはい』は
母乳を目指しています。
赤ちゃんの健やかな成長を願い、
少しでも母乳に近づくように日々研究しています。
赤ちゃんがおいしそうにごくごくミルクを飲み、
機嫌よく、うんちの状態もよく、よく笑い、よく動き、
そんな毎日の中で日々成長していくことを考えながら、改良を行うための研究をしています。
母乳中の栄養成分について調査をし、
その成分が何のために母乳中に含まれるのかを調べ、
必要であると考えた成分について
『はいはい』に配合します。
しかし、その成分を直接母乳から取り出して『はいはい』に添加するわけにはいきませんから、
他の食品素材からその成分を調達するのですが、
その際にはその成分は何から取り出したものか、
どのような方法で取り出して加工したのか、
取り出した際に一緒に入っている成分は何か、
それは赤ちゃんにとって無害かつ有用か・・・など、安全性に関する調査確認を徹底的に行って
安心できるものだけを使います。
このようなことを過去から繰り返しながら、
『はいはい』は改良されてきましたし、
今後も改良を続けます。

母乳成分のより詳細な部分はお母さんによって違いますし、同じお母さんでも日々変化します。
その時々で赤ちゃんの状態に合わせた母乳が出るわけです。
一方で育児用ミルクは一定の成分ですので、
赤ちゃんにとって常にお母さんの母乳と
全く同じにすることはできません。
ですから、お母さんには、赤ちゃんに一番合うミルクを探していただきたいと思います。

『はいはい』ができるだけ多くの赤ちゃんに合い、
喜んで飲んでもらえるように
私たちは日々研究を続けています。
ぜひお試しいただきたいと思います。
でも、万が一、赤ちゃんが
『はいはい』を飲むのを嫌がった場合は、
喜んで飲む他社のミルクに変えてくださって構いません。
その方が赤ちゃんにとって良いはずですから。

冒頭にも書きましたが、
赤ちゃんにとってはお母さんの母乳が最良です。
ですから、和光堂は母乳育児を推進するためにも、
病・産院での調乳指導やお土産配布などの宣伝活動や大規模な広告宣伝を行っていません。
それに掛かる経費の分は育児を応援するために、
製品価格として還元しています。

赤ちゃんにとって「はいはい」が一番合うミルクで、お母さんも赤ちゃんも健やかな毎日をすごしていただくお手伝いができたらうれしいです。赤ちゃんにとって「はいはい」が一番合うミルクで、お母さんも赤ちゃんも健やかな毎日をすごしていただくお手伝いができたらうれしいです。

商品紹介トップへ戻る

  • 商品紹介 和光堂レーベンスミルクはいはい®商品紹介 和光堂レーベンスミルクはいはい®
  • 商品紹介 和光堂フォローアップミルクぐんぐん®商品紹介 和光堂レーベンスミルクはいはい®

ページトップへ