会社情報
和光堂トップ 会社情報 ニュースリリース  

ニュースリリース

人気のベビーフード 「グーグーキッチン」シリーズから
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン』
3月4日(火) 新発売!

〜赤ちゃんが1食に必要な野菜がきちんと摂れる〜

2014年2月20日


『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン』
 
大きい画像を見る

和光堂株式会社(本社 東京、社長 岩上 伸)は、レトルトパウチのベビーフードで人気の高い「グーグーキッチン」シリーズから、『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン』全7品を3月4日(火)より全国で新発売します。


「グーグーキッチン」シリーズは、食べやすい食感と噛む力のステップアップのため、離乳段階に合わせて具材の大きさや固さに配慮し、原材料には国産野菜の具材を100%使用しています。


今回新発売する『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン』は、調理に手間がかかる根菜類などを含む10種類の野菜がたっぷり入って、赤ちゃんの1食に必要な野菜を手軽にきちんと摂ることができるベビーフードです。また、パッケージには、商品に入った10種類の野菜をイラストでわかりやすく表現しています。


和光堂がレトルトパウチに関する調査を実施したところ、“内容量が少ない”“メニューが少ない”“野菜量が少ない”などがママの不満点であることがわかりました。(2013年和光堂調べ、n=300)
 『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン』は、赤ちゃんが野菜不足だと感じているママには最適な商品で、内容量もたっぷりの100gとなっています。さらに、7大アレルゲン不使用の商品も対象月齢9か月頃から1品、12か月頃から2品、計3品で展開をします。


近年、ライフスタイルの多様化や働くママの増加などから、ベビーフードの利用機会は増えてきていると想定されます。特に、レトルトパウチは、開けたらそのまま食べられる簡便さなどから市場が拡大しています。


和光堂は、「グーグーキッチン」シリーズから『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン』を発売し、レトルトパウチ市場に新たな価値を提案していきます。




商品特長

『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜のちゃんぷるー』(対象月齢:9か月頃から)
10種の野菜・豆腐・肉だんごを卵でふんわりとじ、かつおだしをきかせました。野菜が溶け込んだ美味しいちゃんぷるーです。
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜のラタトゥイユ』(対象月齢:9か月頃から)
10種の野菜とツナをまろやかトマトソースでじっくり煮込みました。野菜が溶け込んだ美味しいラタトゥイユです。<7大アレルゲン不使用>
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜の中華クリーム煮』(対象月齢:9か月頃から)
10種の野菜に鶏ガラ・ほたてのスープと生クリームを加えて煮込みました。野菜が溶け込んだ美味しい中華クリーム煮です。
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜のきんぴら』(対象月齢:12か月頃から)
10種の野菜とお豆を甘辛く煮込み、ごま油の風味をほんのりつけました。野菜が溶け込んだ美味しいきんぴらです。小麦を使用していないしょうゆを使っています。<7大アレルゲン不使用>
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜のホワイトシチュー』(対象月齢:12か月頃から)
10種の野菜とやわらかチキンをコトコト煮込みました。野菜が溶け込んだ美味しいホワイトシチューです。
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜のまろやかカレー』(対象月齢:12か月頃から)
10種の野菜と鶏レバーを辛味成分を使わずに豆乳で煮込みました。野菜が溶け込んだ美味しいカレーです。<7大アレルゲン不使用>
『1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン 10種の野菜の中華味噌煮込み』(対象月齢:12か月頃から)
10種の野菜と豚肉を、味噌とバターの風味をきかせて煮込みました。野菜が溶け込んだ美味しい中華味噌煮込みです。


商品概要

シリーズ名 1食分の野菜が摂れるグーグーキッチン
対象月齢 9か月頃から 12か月頃から
商品数 3品 4品
内容量 100g
希望小売価格 180円(消費税別)
発売日 2014年3月4日(火)
販売店 ベビー専門店、ドラッグストア、スーパーなど



ページの先頭へ