会社情報
和光堂の歴史

初代社長はメセナを推進

さらに産育院や乳児院も

育嬰協会病院
育嬰協会病院
 常に子どもの健康と幸せを重視していた大賀社長は、昭和8年(1933年)、東京に淀橋産育院を開設しました。昭和11年には、大賀社長が多額の寄付を行い、淀橋産育院の規模の拡大に取り組みました。産院はもちろん、小児科病棟を拡張するなど、院内の設備を整えるとともに、東京帝国大学医学部と連携し、医療スタッフの充実も図りました。名前も育嬰協会病院と改め、産院のほかに乳児院を設置し、乳児の保育事業にも力を注いだのです。

 また、所得が少なく医療費の支払いが難しい患者には、最低限の実費だけで診療を行い、場合によっては無料で治療を行ったともいいます。開設の翌年には、日中戦争が勃発し、病院器材の欠乏や物価の高騰などの困難もありました。が、そのつど、大賀社長の個人出資や和光堂からの寄付によって乗り越えることができたのです。

 さまざまなメセナに取り組んだ大賀社長ですが、施設を作るだけでは、一部地域の人々しか恩恵を得られないことに気づいていました。日本国内全体の乳幼児の幸せを望んでいた大賀社長は、印刷物での育児知識の啓蒙と普及を重視し、出版事業にも取り組みました。
育嬰第一号(育児啓蒙の雑誌)
育嬰第一号(育児啓蒙の雑誌)
昭和2年発行
 育嬰協会の設立当初から機関誌『育嬰』を発行したほか、『母となる人ヘ』、『新式育児日記』などの書籍を出版しました。また、昭和17年には、育嬰叢書として第1集『愛児の躾と叱り方』、第2集『幼児の科学教育とその指導』を発行しました。いずれも大変好評で、第1集は発行した年に、重版したほどだったといいます。

 乳幼児と社会のために尽くした大賀社長でしたが、ありあまるお金を寄付していたのではありませんでした。会社の社長でありながら、自動車の1台も持たず、会社から病院、保育園へとステッキを片手に足を運んでいたのです。こうして蓄えたお金をすべてメセナにあてていったのでした。
● 創業ものがたり 目次 ● 次へ

ページの先頭へ